白髪は遺伝?

白髪は遺伝?

遺伝だからといって諦めないで!

白髪はどうしても遺伝しやすいものです。特に、子供のころから白髪があったり、若白髪というようなものは遺伝によるものが大きいようです。
30代半ばになると、どうしても白髪は避けて通れないものですが、まだそこまでの年齢でないのに白髪がちらほらあるという場合は、やはり遺伝による可能性が高いでしょう。
しかし、最近では中高生の白髪が目立つようです。これは、遺伝だけではなく、人間関係や勉強のストレスも関係しているとか。
遺伝要素とストレスで白髪が出てしまうようで、今は中高生でも白髪に悩んでいる子が多いようです。大変な世の中になりました。
白髪そのものが数本であれば、短く切ったり(抜くのはよくないので)すればいいような気もしますが、結構目立つのであれば何かしらの対策を取る方がよさそうです。
感受性の高い年頃ですから、何気ないことがいじめに繋がったりします。
今は白髪対策もさまざまな方法があります。目立つ場所だけ染めたりすれば、そこまで負担なく髪の毛を染めることができます。

 

まだ医学的には完全立証されていない白髪の遺伝

白髪には遺伝があることは明らかなのですが、すべてが遺伝というわけでもありませんし、遺伝とその他の要因でさらに白髪が推進されてしまうということがあるようです。
ストレス、紫外線、偏食、喫煙、不規則な生活、病気によるもので白髪になるので、遺伝ですべてを片付けてしまうのはどうかと思います。
また、遺伝的な要素が無くても、環境要因で白髪になることもあるので、日々の生活の結果で白髪になるというのが自然なような気もします。
もし、遺伝的な要素があると言う場合は、日々の生活に気を配りましょう。
規則正しく生活し、禁煙をする、栄養バランスの取れた食事を摂るようにする・・・そのような努力をすることによって、白髪そのものが出ることを遅らせることもできますし、
逆に早めることにもなるのです。
しかし、黒髪のもとになるメラニン色素を作る細胞については遺伝するので、その結果若くして白髪が出てしまうということはあるのでしょう。世間一般的に白髪は遺伝すると思われていますが、まだ医学的には完全には立証されてはいません。

 

白髪染め人気ランキングはこちら>>