気になる白髪の原因

気になる白髪の原因

自分で気を付けられることもある

白髪が出るのはさまざまな原因があります。よく聞くのが、ストレスや遺伝、加齢に伴う老化現象、病気などが挙げられます。
また、ダイエットによる栄養不足も白髪の原因になることも分かっています。ダイエットについては、栄養面も考えて行わないと痩せたのはいいけれども、白髪が増えてしまった・・・なんてことにもなりかねません。
しかし、その他の原因は自分で気を付けてどうにもならないような事ばかり。
特に、遺伝というものはどうしようもありません。この遺伝が若白髪やこどもの白髪の原因ということが分かっています。
髪質も遺伝によりますが、白髪も遺伝があるというわけなのです。
病気による白髪もありますが、これは貧血でも白髪になるということが分かっています。ビタミンB12と葉酸の欠乏で貧血になりますが、これらの栄養素が不足すると貧血だけでなく白髪が出てきます。これは、研究によって明らかにされており、ビタミンB12と葉酸の摂取量を増やすと髪への再色素沈着が促進されることが分かっています。白髪が気になる人や予防のために、ビタミンB12や葉酸の摂取を心がけましょう。

 

白髪になるあらゆる要因とは?

白髪を見つける年齢は、30代半ば頃が一番多いらしいのですが、加齢によるものなのか果たしてその他の理由なのかは分かりません。
特に、30代半ばともなると仕事や育児などでのストレスが溜まりやすい時期でもあるので、原因が加齢の可能性もあればストレスなのかもしれないのです。
もしかすると、そのどちらもということもあるでしょう。
白髪を見つけてさらにストレスになる・・・特に女性にはその傾向が強いようです。
しかし、ストレスでさらに白髪が増えるよりかは白髪を受け入れて白髪ストレスを回避する方がいいかもしれません。
誰にも相談していないだけで、30代半ばになると多くの人が白髪があってもおかしくないそうです。
常にカラーリングで髪を染めている人は気が付いていないだけで白髪が結構あったりする、美容師さんに聞くとそのようなことを言います。
ですから、あまり気に病むことはないのです。
また、喫煙や睡眠不足、紫外線も白髪の原因となりますし、ヘアケア製品の使い過ぎも白髪を促進してしまうようです。

 

白髪染め人気ランキングはこちら>>