色のえらびかた、染め方

色のえらびかた、染め方

ブラウン系の色の選び方は難しい

最近の白髪染めのカラーはバリエーションが豊富なようです。ブラックだけに留まらず、ブラウン系も落ち着いたブラックから明るめのものまで揃っています。
では、色についてどのように選ぶとよいでしょうか。
絶対に黒!というように決まっている場合は何も悩むことはないのですが、白髪染めを兼ねておしゃれに髪色を変身させたいという人もいます。
ただ、色白の人があまりに真っ黒の白髪染めをしてしまうと重たく見えてしまうのも事実。
色白の人はブラウン系の色が似合うので、ブラウン系にチャレンジしてみるのもよさそうです。
とはいえ、ブラウン系には色が多くあり過ぎて、失敗も多いようです。
この場合は、白髪が多い人は明るめのブラウンを選んでもいいのですが、白髪が少ない人は明るめを選んでしまうと白髪染めをした部分だけが明るすぎてしまうこともあるようです。
落ち着いたブラウンの色を選ぶ方が失敗がなくていいでしょう。
また、髪の太さも染まり方の差が出る原因のひとつです。髪の毛が細い人はすぐに染まってしまうので、あまりに長い時間放置すると明るい色になりすぎてしまいます。

 

染め方のコツ

白髪染め剤にはクリームタイプや泡タイプ、トリートメントタイプがありますが、それぞれ特徴があるようです。
クリームタイプは液だれしないので、その場所を狙ってしっかりと白髪染めができます。
泡タイプやトリートメントタイプは、髪全体にいきわたりやすくなるので見えにくい箇所(後頭部など)も染めやすくなります。
白髪が出ている部分がどの部分かを考えながら決めると良さそうです。
また、髪の毛の染まり具合と温度には密接な関係があるようです。
温度が高い方がしっかりと髪の毛が染まるので、シャワーキャップをかぶったりしてしっかりと髪が染まるようにします。
こうすることによって、染め剤が顔に付いたりすることもなく、むらなく染めることができるので一石二鳥というわけなのです。
また、放置時間を少し長めにすることもよく染まるコツです。特に髪の毛が太い人は長めにした方がよさそうです。
冬場の白髪染めについては、部屋の温度を暖めたり、ドライヤーを当てて温度を上げるなどしてしっかりと染まるような工夫をしましょう。

 

白髪染め人気ランキングはこちら>>