白髪染めとヘアカラーの違い

白髪染めとヘアカラーの違い

白髪を染めたいのか髪の色そのものを変えたいのか?

白髪染めと聞くと、年配のイメージがあって、30代40代の女性には印象がよくないようですが、これはネーミングだけのこと。
結局、白髪染めもヘアカラーの一種なので、気にすることはありません。
白髪染めというネーミングで発売されている商品でも、最近では黒髪だけでなく、おしゃれなダークブラウン、明るめのブラウン系の色もあります。
商品選びに関しても、多くの人が手に取りやすいようになっています。
ただひとつ言えるのが、白髪染めは白髪が染まるようにできている商品であり、ヘアカラーは白髪を染めるというより黒髪が他の色に染まるようにできている商品ではあります。
ですから、白髪がそこまで多くないのであればヘアカラーでも十分かもしれませんが、白髪が一定の場所にまとまってある場合や、目立つ場合は白髪染めにした方がよさそうです。
最近ではクリームタイプ、ジェルタイプ、泡タイプなどがありますし、コームが付いていたり、使用途中でも保管しておけるタイプのものもあります。
使い切ることをしなくていいので、無駄もなく便利になっています。

 

ヘアマニキュアのメリットとデメリットとは?

髪全体を染めるということにまだ抵抗があると言う場合は、ヘアマニキュアがいいかもしれません。
この商品も、黒髪からブラウン系の色まであるので選びやすくなっています。
ところどころ白髪があったりするような場合に、ひとりで簡単に思い立ったときにできるのが人気の理由のようです。
コームが最初からセットされているものもあるので、使いやすく使い切ることなく保管しておけるのも人気の理由となっています。
しかし、ヘアマニキュアというだけあって、数日で色が取れてしまうのがデメリットです。
商品にもよりますが、数日から2週間くらいでまたヘアマニキュアをしなければならず、忘れてしまうと一気に元の白髪が目立ち始めます。
次の予定をしっかりと決めて定期的に行うことがいいでしょう。
特に後頭部などは白髪があるかどうかも気にしておかないと忘れがちですし、周りの人も気が付いても指摘しにくいもの。
手軽さが人気の理由のようですが、思わぬデメリットもあるようです。

 

白髪染め人気ランキングはこちら>>