どの成分が白髪に効くの?

どの成分が白髪に効くの?

フコイダン

昆布の成分を配合した白髪ケア商品は、フコイダンという成分が有効成分のようです。
ここ数年、昆布の成分を配合して、シャンプーの際に白髪をケアできる商品が人気がありますが、その理由はいくつかあります。
白髪ケア商品特有のツンとするようなやや不快な臭いが全くないので、安心して使えること。
昆布が原料ですから、髪に使うことに不安な面が一切ないということが言えます。
その上、しっかりと髪の毛に色が付くので、これまで化学物質系の白髪ケア商品を使っていたという人も、このような商品に乗り換えをする人が多いとか。
特に、臭いが無いということで健康面にも配慮している商品ということが分かります。
そして、この有効成分のフコイダンですが、昆布特有のぬるぬる成分の元となっているものです。
髪の表面の傷を修復する作用があるので、トリートメントに使用されているのでしょう。また、保湿効果にも優れているので髪を染めているのに、以前より髪の毛がきれいになったという声が多いのです。

 

チロシン、ヘマチン

白髪に効く有効成分はいくつかありますが、最近このチロシンやヘマチンという有効成分の入った商品も多く発売されています。
これらの成分の入った商品は、他の商品とは少し違います。
一般的に白髪ケア商品というのは、何かしら使って髪の毛の色を染めるというものが一般的です。ですから、その成分が天然のものなのかそうでないかの違いはありますが、最終的な目標としては髪の毛の色を染めているようです。
しかし、チロシンという成分は、メラニン色素の原料にチロシンが必要なので、その成分を髪に補充してくれるというもの。さらに、メラニンを生成するための酵素であるチロシナーゼ酵素の働きを活発にさせます。
ヘマチンに関しては、髪を補修する機能があるので、髪の毛の健康には欠かせない存在なのです。
これらの有効成分は、白髪ケアというより、治療的な要素さえ感じます。しかし、実際白髪がまた黒髪に戻ることができれば一番なのですから、気になる成分であることは間違いありません。

 

白髪染め人気ランキングはこちら>>